01.ec_shelf01
Posted on 2017/03/08 | -BUILDING ALL WORKS

Bell Face Noborito


学生寮のあり方が見直されつつある。
本物件では、一度閉鎖した厨房と食堂を再生し、改めて食事付きの学生寮とする取り組みがおこなわれた。その中でエントランス、廊下、食堂のリノベーションのデザインを行い、物件全体のバリューアップを行ったのが今回のプロジェクトだ。ただ綺麗にするだけではなく、ブックラックやラウンジスペース、シェアマップなど、今まで素通りしていた場所に留まり、篭れる、住まう人のコミュニケーションが自然と生まれる空間を提案した。

使われていなかった下駄箱の部分には造り付けでソファを設置。待ち合わせや、来た手紙を仕分けたりする事ができるスペースに。

ポストも既存の大きさに合わせて新しいものに交換した。

入学を機に、遠方から初めて東京へ来て生活を始める学生さんの為に、周辺の地図(シェアマップ)をエントランスに設置。自分の住んでいる街を意識する事で、この街への親近感を持てる様に。また、この地図はホワイトボードの様にペンで書き込んだり、マグネットも付ける事が出来る為、待ち合わせ場所や、お気に入りのカフェなど、入居者同士のコミュニケーションのきっかけになるスペースになる様に計画した。

2人席と4人席、窓際には1人用のカウンターを新しく設置し、シーンに合わせて席を選ぶ事ができる。ただ食事を取る為の場所だけでなく、勉強や作業ができる様に家具を選定した。

炊飯器や、スープジャー、電子レンジなどが置かれる場所には新しくユーティリティーカウンターを設置。背面には不燃処理された古木を仕上げ材に使っている。

Before(改修前エントランス)

Before(改修前食堂)

外部の塀には館名サインを設置。家路を歩いてきた時に遠くからでも見える様に、先端を道路側へL型に曲げたデザインに。遠くにこのサインが見えた時に「ただいま」と心の中で思いたくなる様な、そんな風に思って貰えたら嬉しい。

design+idea
Photo by Naoki Yamamoto