Bibli

建築設計 / 地域事業 / プロジェクトマネジメント / 店舗 / オフィス

Bibliはもともと,旧大宮図書館でした.半世紀にわたり地域の方がたに愛されてきましたが,図書館の移転に伴いその役割を終え,2019年に閉館しました.さいたま市は土地建物を民間事業者に10年間賃貸することを決定し,さいたま市初のPPP事業として2021年公募が行われ,戸田建設関東支店を中心とした4社からなるコンソーシアムの案が採択されました.

武蔵一宮氷川神社の参道,二の鳥居前に立地し,駅前の繁華街とは一線を画した静かな住宅地の入口に位置することから,周辺の雰囲気にふさわしい施設づくりが求められました.

落ち着きのある賑わいを生む地域の交流拠点

公募にて私たちコンソーシアムの案が採択されたのは2021年,コロナの真っ只中でした.こうした世の中であっても日常的に人が通い,言葉が交わせる場所にしたい.そのように考え,1階には生鮮物販やコーヒースタンド,ベーカリーなど,人びとが日常的に必要とする商業空間を企画.上階には,さいたま観光国際協会のほか,リモートワークの普及によりニーズが高まりつつあるスモールオフィスを核として,個人事業者をはじめとした地域の企業・団体を誘致しています.

建物は,地域住民の思い出に深く刻まれている図書館の記憶が残るように最低限の改修工事とし,建物が元来持っている力強さや開放感を最大限に活かす計画としました.図書館であった記憶とともに,図書館が地域に担ってきた役割を引き継ぎ,地域の施設として発展するよう運営していきたいと考えています.

4社の持ち味を活かすコンソーシアム構成

事業計画にあたっては,戸田建設関東支店を事業主体として投資改修を行いました.運営にあたっては,ビル管理事業者である戸田ビルパートナーズが賃貸ならびにビル管理を担当,コンテンツ面では,さいたま市を中心に全国で自転車のイベントを仕掛ける一般社団法人バイクロアが自転車を中心としたコミュニティづくりを担当していきます.キャンプサイトは施設の企画,設計,そしてタウンマネジメントとして施設のブランドづくりに取り組んでいます.得意分野の異なる4社がその持ち味を活かすことで,新しい地域施設としてのあり方が提案できたと考えます.

事業主
戸田建設株式会社関東支店
所在地
埼玉県さいたま市
構造/規模
鉄筋コンクリート造/地上3階、地下1階建
延床面積
3,521.41 ㎡
竣工
2021年10月
設計/設計監理
株式会社キャンプサイト(担当:橋本)
施工
戸田ビルパートナーズ株式会社
ランドスケープ
株式会社タウンスケープ研究所