リノベーション・ビルディング


弊社ではこれまで様々な用途の建物を再生してまいりました。既存建物の再生には新築以上に建物固有の問題の解決が必要なります。

 

既存建物再生の課題

まずはじめに問題になるのは既存建物の状況です。
□ 修繕しなければならない場所はどこか?
□ 確認申請、検査済証はとれているか?
□ 違法な個所はないか?
□ 効率のよい設備、プランとなっているか?
□ バリューアップに必要な手続はなにか?
など様々な視点から、総合的に判断し計画する必要があります。

また、一度にすべてを実施するという選択肢だけではありません。
緊急を要する事柄と、長期的な修繕の計画に見込む事柄と、既存のまま利用するところをうまく取捨選択し、必要な投資と将来的な収益のバランスをとることが必要になります。

 

用途の変更

既存建物の特性に応じてコンバージョンの可能性が広がります。
弊社でこれまで取り組んだ事例として、
■ 新聞印刷工場 → SOHO+イベントスペース
■ 社員寮 → シェアハウス
■ 高齢者福祉施設 → 企業寮
■  社宅 → シェアハウス
などがあります。

同じ用途でも建物の形状や敷地の状況などにより可能な場合と不可能な場合があります。

design+idea
Photo by Naoki Yamamoto